オンデマンド印刷という現実的で有効な印刷方式

オンデマンド印刷で、名刺を10部ほど依頼しました。

必要に応じて、適宜注文して、迅速に刷ってもらえるオンデマンド印刷は、こうした用途には最適です。

そもそも、本来のオンデマンド印刷とは、言ってみれば「その都度」印刷、「スポット」印刷的な意味合いの印刷方式のことを、指して言ったものだったそうです。

つまり、元々は「オンデマンド印刷引き受けます」、というように印刷業界で使われていたものなのでしょう。



というわけで、オンデマンド印刷とは、本来、デジタル印刷というような印刷技法を指したものではなかったわけです。

ところが、デジタル印刷機が急速に進歩してきて、コンピューターのデータを直接に印刷機に取り込んで印刷してしまうようになり、そのために、随時、注文があり次第、注文部数だけを迅速に印刷できるようになったことで、このデジタル印刷技術そのものが、このように呼ばれるようになってきたようなのです。



確かに、名刺やチラシ、チケットといったような、必要になった場合に随時、必要部数だけを手早く印刷して欲しいような類のものにとっては、とても重宝するものなのです。

魅力の高いBIGLOBEニュースについての情報をまとめたサイトです。

名刺というものは、現実問題として、必要な場合に、必要に応じた部数だけが入用になる場合がほとんどですから、これに即時に応じてくれる印刷が必要になるわけです。ですから、オンデマンド、つまりは要求がある時に、すぐに必要な分だけ用意してもらえる、というのが現実的で有効な印刷の方式と言えることになります。